2007年05月02日

尾崎豊 15年目のアイラブユー

ozakiBS.jpg 4月28日に NHK-BS2 で尾崎豊をしのぶ特番『尾崎豊 15年目のアイラブユー』をやっていました。うちは衛星放送を受信してないので YouTube が頼りだったんですが、アップしてくださった方がいて全部観られました(現在一部削除されています。左の画像か⇒こちらをクリックしてください)。放送では、小学生から70代の年配者まで幅広い層のファンがどんどん増えていることが分かり、なんだかうれしくなったのでした。

彼はテレビに一度しか出ていないため、亡くなったとき初めて知った方がかなりの部分を占めるのではないでしょうか。私もそうでしたが、見知らぬ人でしたし、特に関心を寄せたことはありませんでした。それにあのころ、ヤクチュウのロックシンガーといったダーティーなイメージしかありませんでした。ですが、実像は全くそれとは正反対の純粋無垢な心が隠れていたんだなということが YouTube の動画から理解できるようになりました。

あの、まっすぐな眼、心の奥から搾り出す叫び、痛々しいほどの孤独感を抱えながら、全身で人目もはばからず自分をさらけ出しているその様は、鬼気迫るものがあり引き込まれずにはいられませんでした。
 つづきを読む>>
posted by 野バラ at 19:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | 心に感じたこと

2007年04月25日

尾崎豊:あれから15年

きょうは尾崎豊が亡くなってから15年目の命日になります。特にファンではなかったんですが、一週間ほど前に動画サイトで、たまたま尾崎豊の追悼番組を観て、私はすっかりはまってしまいました。そしてたった今 Amazonから届いたばかりの DVD、「尾崎 豊/OZAKI FILM ALIVE AT ARIAKE COLOSSEUM IN 1987 THE TWENTY-FIRST SUMMER」(21歳の夏、有明コロシアムでのライブ)を観始めたところです。すばらしいです! あとで詳しく書きますが、YouTube に関連する動画のプレイリストを作りましたので、是非ご覧ください。タイトルをクリックしてからページ右にある⇒Play All Videos をクリックすると自動再生されます。

〓 4月27日 追記 〓
ここ数日中に、注文したCDや本がたくさん届いたのですが、ライブ映像が最もいいです。YouTube の画質や音質は劣るので、DVD「OZAKI FILM」の美しさには感動してしまいました。つづきを読む>>
posted by 野バラ at 18:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 心に感じたこと

2007年04月17日

映画:涙そうそう

 「涙そうそう」をレンタルDVDで観ました。妻夫木聡(つまぶきさとる)と長澤まさみによる兄妹愛を描いた作品で、思った以上に良かったです。人が人を思いやる、そういう無私の愛情ってほんとに美しく感動します。

夏川りみの歌う「涙そうそう」は息の長い作品で、カラオケでも多くの人によって歌われているようですね。かく言う私もこの歌が大好きですが…。

歌が作られた背景はテレビで何度も語られたのでご存じの方も多いと思いますが、沖縄出身のBEGINが曲をかき題名をつけ、それに、森山良子さんが20代の若さで突然死したお兄さんのことを思い出して歌詞を付けたものでした。ということで、映画も沖縄が舞台です。
 つづきを読む>>
posted by 野バラ at 07:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 心に感じたこと

2007年03月13日

最近のケータイ事情

iohone.jpg 我が家のケータイはSoftBankなんですが、Jフォン時代からの加入で、まもなく6年。とても安い料金プランをずっと利用してきて、2台の料金は合計で最低 3,754円(無料通話併せて1,500円分含む。1台はeMail利用なし)だったんですが、例の月額税込み980円のホワイトプランが現れて、ソフトバンクのままプランを変更をしようか、それとも電磁波が弱くて安全というウィルコムの PHS にしようか、迷っていました。

で、あちこちケータイ関連サイトを見て回ったんですが、最近のケータイはどんどん進化してますね〜! 一番驚いたのはiPodならぬiPhoneでした(写真クリックで発表場面へ)。これまでの携帯電話からは考えられない薄さなんですが、なんといってもびっくりしたのは、これまでのPDA(携帯情報端末:これって死語?)のようにスタイラスペンを使うのでなく、指で自由自在に操作できてしまうことです。その上、本体を横向きにすると自動的に画像が向きを変えてくれたりして…。公式サイトには、機能を示す→デモ画面があるのでよかったらご覧ください。YouTubeにあるこの→動画もとても分かりやすいです。

残念ながら、これは今のところ日本では使えませんが、日本のケータイもなかなか健闘してますよ。
 つづきを読む>>
posted by 野バラ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2007年02月14日

廃棄家電は希少金属の宝庫

次々出てくる新型 携帯電話。どれくらいで機種変更されているでしょうか。電気製品は10年くらいもつのが普通ですが、ケータイに限るとかなり短いサイクルで買い替えている方は多いようです。私も充電池が切れるころ、まだ使えるけど便利な機能があるからと、ちょっと後ろめたい思いをしながら替えてきました。階段で落として、充電できなくなって替えたこともありますが(^_^;。それでもケータイは販売店で回収し、リサイクルされているのを知っているので、まあ、いいかと思って罪悪感をなだめています。

pc_recycle.jpg その他の廃家電はというと、パソコンは最近、廃棄処分料を購入価格に含めるようになりましたよね。2003年の秋以降のパソコンには←こんなシールが貼ってあります。メーカーに連絡すれば無料で引き取ります。

 でもこのシールが貼ってないと、リサイクル料が図のような金額必要になってきます。結構高いですよね。ほかに、車の廃車では1万円くらい、テレビや洗濯機などの引き取りも数千円かかります。なんだかよく分からないリサイクル法がいっぱいあるみたいです。こうなると山林などに捨てる人が出るのではないかと心配されていたものですが、今はこうした費用の負担をせずに済む方法がありますね。うちのほうでも、バイクやパソコン、テレビなどをちり紙交換をしながら回収してくれる業者がいます。
つづき>>
posted by 野バラ at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2007年01月23日

「あるある」関西TV:"内部調査"のウソ

直前の記事の続きですが、なんと関西テレビは、内部調査をして、事実と異なる点を見つけたと言っていたのに、実は「内部調査」を十分したかどうか怪しいようです。

きのうのJCASTニュース「あるある」関西テレビ 捏造だけでなく「盗用」会見という記事が載っていて、問題発覚の切っ掛けとなった「週刊朝日」の編集長は次のように語っています。
記者会見で公表した内容は、週刊朝日が独自に取材した内容を使ったもの。言葉を変えれば『盗んで発表した』ということ。結局は、記者会見も、番組の捏造も、構図は同じなんですよ。
雑誌にスクープ報道される前に、自ら公表しちゃった方が有利と踏んだのでしょうが、あまりにも反響が大きかったですね。これが今までのように「なんとかサプリが効く」というものであったら、サプリが棚から消えても困る人はいないと思いますが、あまりにも身近でしかも安価な食品だったせいで、日本中の知るところとなってしまいました。

それにしてもこの事件は、ダイエットを熱望する人が日本には非常に多いということを知らせるものとなりました。そうした需要がある限り、これからもこの種の商売が横行するでしょうから「楽して簡単に!」という宣伝にはみなさん気をつけましょうね。
posted by 野バラ at 12:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ