2006年06月29日

戦争と武器商人

 『ロード・オブ・ウォー(Lord of War)−史上最強の武器商人と呼ばれた男−』をレンタルDVDで観ました。『華氏911』を観たときも衝撃的でしたが、これも、世界の裏側ってこうなの!?と思う内容でした。

華氏911」は、じっくり観てないのでうろ覚えなんですが、あの中にイラク戦争の開戦を喜ぶ武器商人たちがパーティーを開いている様子が出ていたように思いますが、「人が殺し合いをするというのに、それを単なるビジネスチャンスとしか捉えていない彼らの心はどうなっているんだろうか」と思ったものです。

先日もGyaOで、戦争の序曲Vol.5を観ましたが、ナチスドイツがソビエトに侵攻した理由は、その豊かな鉱物資源や農産物を奪い取るためだったことが描かれていました。ついこの間までどこの国も侵略戦争を繰り返していたわけですが、いまは、一見正義や合法を装いながら、実はなりふり構わぬ侵略や搾取が堂々と行われているのですから、なにも世界は変化していないようです。人権の尊重や公正は法があるだけでは不十分で、法が守られるよう真剣に見守る人々がいなければいけないのでしょうね。
 つづき⇒
posted by 野バラ at 06:00 | Comment(1) | TrackBack(1) | 心に感じたこと

2006年06月23日

生きることの1/3を笑いに…

朝日新聞5月23日に「オーサー・ビジット2006(Webサイト)」という記事があり、井上ひさしさんが米沢市の少年院を訪れたことが載っていました。見出しは「人生の99%は悲しいけど、1%の楽しいことを目ざそう / 井上ひさしさん 大好きな笑い語る」というものでした。

このタイトルを見て思い浮かべたのは、さだまさしさんのアルバム『夢のつづき』に入っている『生きることの1/3』という歌でした。こんな歌詞です(全歌詞は→こちら

生きるということの
1/3は哀しみで出来ている
生きるということの
1/3は悔しさで出来ている
残りの1/3はね  笑うことで出来てるはずさ

きっときっと生きることは
そんな風なものなんだ
泣きすぎても  悔しすぎても
笑いすぎても  きっといけないのだろう

確かに生きることには、哀しみがついて回るものですけれど、それにしても99%は多過ぎませんか?って井上さんにツッコミを入れたくなったのでした(^^)。でも、新聞の井上さんは満面の笑みを浮かべていましたけれど…。笑いは1%より1/3くらいは欲しいですね。たぶん欲しいと思えば実現するのかもしれないですが。

個人の人生も、そんなにいいことばかりはありませんし、世の中全体にも腹立たしいことや何とかしてほしいことも、それは皆さんいろいろお有りですよね。が、直球で怒りをぶつけてばかりいても疲れるものですし、たまには苦しいことを笑い飛ばせたらいいと思いませんか。

ネットのリンクを辿っているうち、有田芳生(よしふ)さんのサイトに行き着いたのですが、このページでマッド・アマノさんの『週刊 パロディ・タイムズ』を紹介していました。

このサイトは半年くらい前に登録済みで読んだことはあったんですが、改めて最新のパロディを見たら思わず笑ってしまう記事ばかりでした(登録はごく簡単で、広告メールも来ませんから是非どうぞ)。合成写真を見るだけでも笑えます。2006.4.19の「アイフルの本音」では、お馴染みチワワの顔が……、傑作でした。

こういうパロディは笑いを狙っているのが誰の目にも明らかですが、作り物ではなく、本人は大真面目だからこそ哀しい笑いを誘っているのが、こちらの→TBSラジオストリーム(5/16)に出てくる映画評論家・町山智浩(ともひろ)さんのお話です。英語の分かるかたはこちらのビデオを先にご覧になるといいかもしれません。あり得ないような現実のコメディが見られます。私のように英語が苦手な人は同時進行がいいかもしれませんが…。

しかし、それにしても恐れ知らずのコメディアンですね。よくガードマンにつまみ出されなかったものです。褒め殺しを本気の褒め言葉と受け取らせたコメディアンの能力が優れていたのか、それとも真意をなかなか理解できなかった方々が素晴らしかったのか?

最後はちょっとシニカルな笑いではありましたが、悩みや苦しみを笑いで乗り切れるようになれたらいいなと私は思っています。もちろん、言うべき事を言わねばならない時もありますが…。

このネタを紹介してくださった らんきーブログさんありがとうございました。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 14:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | 情報系

2006年06月19日

GyaO[ギャオ]とYahoo!動画

gyao_banner_b.gif USEN(ユーセン)の運営するパソコンテレビGyaO[ギャオ]は、試聴登録者が1,000万人を突破したそうです。日本人の10分の1ですから相当な人数ですね。私も昨年10月に登録したのですが、実はほとんど観てません。きのうの新聞記事によると、二重に登録している人などもいて、よく試聴しているのは40%くらいだとのこと。

レンタルビデオで、戻ったり進んだり自由に見られるのに慣れた身には、GyaOの束縛感はつらいものがありました。でも最近、たまには見てみようとサイトに行ってみたのですがエラーメッセージがいろいろ出て見られなかったのです。

「Windows Media Player」、「Internet Explorer」、セキュリティーソフトなどの設定をあれこれ変えても駄目だったのが、「Windows Media Player」をダウンロードして上書きインストールしたらあっさり見えるようになりました。WMPは普段ほとんど使わないのにどうして駄目になったんでしょうね。「Norton Internet Security」のせいか、はっきり分かりませんが、ときどきPCがフリーズしていたせいかもしれないです。

yahoodouga.gifところで今回、Yahoo!動画のサイトを見に行ったら、有料もありますが、登録しなくても見られる無料の動画が大量にありました♪

CM中は操作できませんが、動画は戻るも進むも自由なのでとっても気楽です。CMも入れ替わってくれるので、耳にタコが出来るまで同じCMを見なくて済みます。また、カテゴリーごとや料金体系ごとに並べ替えして動画を選べるのも便利ですね。

チャップリンなどの「世界名作ライブラリー」とか、Yahoo!BB会員見放題のメニューには落語などもあります。落語って結構上質(?)の笑いで、いいかもしれないと思い始めていますが、実際はどうなんでしょう。

それにしても、インターネットテレビは著作権問題が早く解決したようで、便利になりました。わざわざレンタルショップに行ってまで借りたいとは思わないけれど、ちょっと見てみたいなと思うものもありますよね。それから、地域によってテレビ放送も違うようですし、通常のテレビ番組もネットで再放送がどんどん見られるようになったらいいなと思います。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2006年06月17日

バラ:チャールストン

rose060617.jpg これは、つい先ほど撮影したバラで、名前はチャールストンです。
おとといからきのうの朝に掛けて、こちらでも雨雨がよく降りました。そしてきのうの朝、雨のしずくが付いたままのバラをひと枝切ってくれたのは夫です(^^ゞ。

最近私はほとんど花にはタッチせず、もっぱら夫が世話をしたり、新しい花を買い込んだりしていて、「あなたのおかげでいい趣味ができた」と感謝されています。仕事でストレスがたまっているので、植物に触れることがいい気分転換になっているようで…。

きのうはいいお天気晴れになり暑いくらいだったのに、なぜかバラについたしずくがそのまま消えないのが不思議です。

このバラは結構、一輪が大きくなったりするのですが、これは小さ目。写真自体は3分の2に縮小しましたが、実際の花の大きさと比べるとそれでも2倍近くあります。大きい画像のほうが楽しめるでしょ? でも100KBは、Webには重すぎだったでしょうか。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ

2006年06月08日

裏ワザ:サンダルの汚れ落とし

ミニースマイル ディズニー6月6日火曜日の『伊東家の食卓』には、見てよかった!と思う裏ワザが出てきました。ご覧にならなかった方のために紹介しますね。

まずは、健康サンダルの汚れを簡単に取る裏ワザ対決!! たいていのお宅ではベランダなどに健康サンダルを置いてるかもしれませんが、あのイボイボのせいで汚れを落とすのは大変ですよね。古歯ブラシなどを使ってもなかなかきれいになりません。それからヘアブラシやクシ、くるくるドライヤーのブラシなども同様です。

これらには、木工用ボンドをざっと塗りつけてから、水をつけて2mmほどの厚さにのばし、天日で丸一日干すと、汚れと共にきれいにボンドをはがすことができるようです。それは見事に落ちていました。

もしかしたら、厚みにムラがあるときれいにはがしにくいかもしれないですが、でもこれは是非試してみたいですね。

この裏ワザに対するチャレンジ裏ワザは、小さじ一杯分のヘアトリートメントを約50ccのぬるま湯で溶いてまんべんなく掛け、3分後に汚れを振り落とすというものですが、布が使われているサンダルには適さないですね。汚れた水が染みこんでしまいますから。でも足踏みマットなど大きな物には便利かもしれません。

もう一つ、いいかもしれないのは一升瓶のふたを使った肩もみです。プラスチック製のふたの裏側に縦半分にカッターナイフで切り込みを入れ、その切り込みに輪ゴムを2本通して、手のひらに装着し、肩を軽く押すというもの。力を入れなくてもよく効くようです。肩をもんでもらう人にも、もむ人にも満足のいく方法のようですね。

ところで私はお酒を飲まない人です。そして夫はついつい飲み過ぎるので3月ごろから断酒中。ということで、一升瓶のふたが家のどこかに転がっているかどうかが問題です(笑)。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 09:20 | Comment(3) | TrackBack(1) | 情報系

2006年06月04日

事実を確認し 論理→意見→感情へ

このところ、ネットでさまざまな小論文や意見を読むにつけ、いかに今まで人の言葉を安易に信じ込んできたかにがく然としています。新聞やテレビで言っていたとか、本に書いてあったとか、専門家が言っていたとか、そういう外面で判断していることのなんと多いことか。

「ダイオキシンはサリンの何倍もの毒性があるから危険」、「イラクは大量破壊兵器を持っているからやっつけよう!」、「○○は健康にいいのでたくさん摂ろう」等々、科学・歴史・政治・社会・教育・健康など、あらゆる分野でどれほど多くの"事実"が否定されてきたことか。

<続きは別サイトへ移動しました>
posted by 野バラ at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心に感じたこと