2006年08月13日

再度:ALWAYS 三丁目の夕日

「ALWAYS 三丁目の夕日」は昨年公開された映画なので、劇場で観た方には今さらかもしれませんが、書かせていただいてます。

直前の記事にコメントを書き込んでくださったsaheizi-inokori さんの05/11/19レビューを読ませていただきました。
これは”喪失の物語”だ。今、無い物、失われてしまったもの、の陳列だ。
最大の喪失はあの輝ける昭和30年代の”時代の心”だ。
なるほど、そうなのですね。
人間は元々孤独には耐えがたい生き物ですが、物が豊富にあり外に遊びに行かなくても、家の中で一人で楽しめるテレビ・パソコン・ゲーム機などがあると、譲り合う必要も、他人に合わせる必要もなく、好きなだけ遊べるわけですが、反面ひとは孤独にさいなまれるようになっていくんですね。

プライバシーが尊重されるようになり、ひとは家の中にこもり、子供たちも広場で遊ぶこともなくなり、人とのつながりが希薄になると自殺や孤独死が増える…。

若い人の中には、日本の閉塞感に耐えかね、バックパッカーとして世界を貧乏旅行する人がいますが、そんな方のお一人が、東南アジアの貧しい地域へ行くのはとても楽しいと言っていました。子供も大人もわ〜っと寄ってきて、うるさいほどまとわりつき世話を焼き、うっとうしいけれどうれしいと…。そうした地域では自殺者などほとんどいず、なぜ物が豊かなのに日本ではそんなに自殺が多いのかと不思議がられるそうです。

物質的な豊かさと引き換えた物、失われた物を取り戻すことは、なかなか難しいことかもしれないですね。

これまで私は、人間の心はそうそう変わらないわよと思ってきたのですが、どうも最近、そうでもないみたいだと思うようになっています。他人を思いやる心のゆとりがこれ以上失われないよう祈りたいものですね。

「ALWAYS 三丁目の夕日」。この映画がいろんな親子の心を近づける役割を果たしてくれたらいいなと、私は願っています。
posted by 野バラ at 21:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
早速ご返事ありがとう。時代が変わって人の心も変わってしまったようですが、それではいけないと思う人もたくさんいます。そういう人たちの心を大切にするブログを書いていきたいと思っています。よろしく。
Posted by saheizi-inokori at 2006年08月14日 08:43
saheizi-inokori さん、コメントありがとうございます。

> そういう人たちの心を大切にするブログを書いていきたいと思っています。

あ、そうですね〜。だれでも他人に影響を及ぼす力がありますし、僭越ですが、他の人にほんの少しでも良い感化を及ぼすような雑文が書けるよう私も精進したいと思います。
Posted by 野バラ at 2006年08月14日 11:30
こんにちわ。
先日は書き込みありがとうございました。
とうとうこの映画が地上波で放送されましたね。
再び観て、今の時代と照らし合わせて「なんて暮らしにくい時代になったんだ・・・」とか思ってしまいました。
Posted by suzu_ichiko at 2006年12月04日 09:50
suzu_ichikoさん、コメントありがとうございます。
テレビで放送されたのですか?気付きませんでした。
何を暮らしにくいと感じるかはそれぞれかもしれませんが、物の豊かさと人情とは反比例する傾向にあるのかもしれませんね。
(どちらのsuzuさんなのか、すぐには分からなかったので、調べたうえ、勝手ながら、ホームページ欄に該当ブログ記事のURLを記入させていただきました)
Posted by 野バラ at 2006年12月04日 15:34
コメントを書く
※コメントくださる方へ:この欄はコメント後すぐに反映する設定になっていますが、時々サーバーに不調が起こるようです。その場合はお手数ですが時間をおいて再度書き込みをしていただけますとありがたいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1114172

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
まれに、拒否設定されているIPアドレスとたまたま同じために管理人に届かないことがあるかもしれません。その場合はコメント欄に書いていただくか、トップページに戻りメールフォームからお知らせください。