2006年08月21日

古紙の分別方法

paper.gif新聞・雑誌・段ボールに分別するよう言われる古紙ですが、厳密にどう分けたらいいのかよく分からないなあと思っていたら、きのうの朝日新聞に「今さら聞けない 古紙の分別」という記事が載っていました。

新聞の折り込みチラシは新聞と一緒か、はたまた雑誌なのか? ずっと以前、チリ紙交換をしている方にお聞きして雑誌に分類してきました。その上、ある外国人労働者が新聞とチラシを分ける作業中事故に遭ったという記事を読んだりしていたので、やっぱり分けた方がいいんだと思って、大ざっぱな夫がまとめて処理したものも、せっせせっせと私が分別していたのでした。ところが、しばらくしてからチリ紙交換の方は、新聞とチラシは一緒でいいと言うではありませんか。えっ?本当にいいの?と半信半疑ながら、分けずに済めばそれに越したことはありませんもの。ということでちょっと楽になりました。

種類の分別に加え、ホチキス留めのカタログ類からは、爪を痛めたりしながらも針を外してきました。いつも利用している生協のカタログも、もちろんしっかり針を取り除いていました。

ところで、生協の注文も「用紙に記入」から「ネットで写真を見ながらクリック」が便利になり、紙のカタログは見ることもなくなっていました。それで無駄になっているカタログ配布を中止してもらえないものかと電話をしてみることにしました。そうすると、数カ月単位で配布を停止できるシステムが最近出来ているとのことで、ついこの間が締め切りだったというのです。カタログを見ない私は気付かなかったというわけですね。

「不要でしたら、配送の方から受け取ったその場でカタログを引き渡してくださって結構ですよ」と言うので、「えっ?ホチキスとか付いたままでいいんですか?」と尋ねると「え?いつも外していらっしゃるんですか?」と逆に質問されるではないですか(^_^;。その時から、ホチキスは外さなくてもOKということをようやく理解しました。確かに、紙と金属は手作業でなくても簡単に分けられそうですよね。それでもやっぱり、ついついホチキスを外してしまうクセがなかなか抜けないんですが(笑)。

で、新聞の記事に話を戻しますが、王子製紙によると
「紙は水を入れてかき混ぜると、特別な薬を加えなくても、もとの繊維(パルプ)に戻るんです」
 雑誌などの紙が溶解機の水の中でバラバラになると、ホチキスなど比重の大きいものは下に沈む
「あとは下から回収するだけ。以前段ボールの中に自動車の車輪のホイールが入っていて機械が壊れたことがありますが、常識の範囲の混ざりものなら大丈夫です」

なあんだ!そうなの?ホチキスは取らなくていいのね? 今までの苦労はいったいなんだったのでしょう?
現在の紙の分別の基本は、新聞、雑誌、段ボールの三つに分けること。かつて分別されていた折り込みチラシは、いまは新聞と一緒でいい
…99年に新聞、製紙業界などの申し合わせでこうなった。
あらま、7年も前に変わっていたのね。再生紙の「白さや強度を出すために新聞だけでなくチラシが2、3割入っていた方がいい」のだそうです。また、「インクを除く工程でチラシがないと洗剤のようなものの泡立ちが悪い」のだそうです。なるほどね〜。ちなみに「洗剤のようなもの」とは、最後にリンクを張ってあるサイトによると苛性ソーダのようですね。

ところで私にはさらに疑問があったんですが、雑誌と一口に言っても、結構厚みがありながらホチキス留めのカタログなんかがありますよね。紙も上質で…。あれは雑誌なのか、新聞と一緒でいいのか疑問に思ったことはありませんか? 新聞にこんなことが書いてありました。
雑誌の背表紙ののりなどは、紙を漉すスクリーンという機械の0.2ミリ前後のすき間をすり抜けることがあるため、目を細かくしたり、2回漉すようにするなどの工夫をしている。
ということは、紙と金属以外ののりなどが付いているのを雑誌に分類するということですね。でも、新聞に分類するチラシは2、3割がいいのなら、のりを使っていない雑誌はやはり雑誌に分類したほうがいいのかもしれないですね。

いずれにしても、チラシを分けずともOK、ホチキスの針はそのままでOKということで、ずいぶんと手間が省けるというものです。

ところで今回は、牛乳パックの出し方なんていうのは載ってませんでしたね。ビニールコーティングされている牛乳パックは、ハサミで切り開くよう書かれている場合がほとんどですが、私は手で全部のり付けをはがして一枚の紙にしてしまうんです。これってたぶんいいんですよね。私は慣れたものでスイスイ開いてしまうのですが、それを夫がやるとボロボロにちぎれてしまうんです。これはたぶん駄目でしょ〜。ビニールがちぎれると分別がしにくいですものね。夫にはハサミで切り開くよう説得することにしましょう…。

それにしても、うちは毎日と朝日の2紙をとっているので新聞が大量にたまるんです。ネットでも読めるではないか、とも思うんですが、やはり紙媒体の新聞にはネットにはない良さがあるなあと、つくづく感じたりするんですよね。資源の無駄は出来るだけしたくはないのですが、悩ましいところですね。

紙のリサイクルについて詳しいページがありました。あとで詳しく見てみようと思います。→紙のリサイクル〜古紙の有効活用〜

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 02:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
※コメントくださる方へ:この欄はコメント後すぐに反映する設定になっていますが、時々サーバーに不調が起こるようです。その場合はお手数ですが時間をおいて再度書き込みをしていただけますとありがたいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1145996

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
まれに、拒否設定されているIPアドレスとたまたま同じために管理人に届かないことがあるかもしれません。その場合はコメント欄に書いていただくか、トップページに戻りメールフォームからお知らせください。