2005年10月29日

きんぴら

284.gif きんぴらは大好きなお惣菜ですが、先日10/26のNHKためしてガッテンでおいしい作り方を扱ってました。

ゴボウは皮をこそげ落としてアク抜きをするのが常識と思っていましたが、それが味を落とす要因なのだとか。皮にこそうまみがあるので洗うだけでOK、アクと言われているものはポリフェノールなので水に浸す必要はないのだそうです。確かに水につけすぎるとうまみがなくなるので、私もさっとしか水に漬けませんでしたが…。

番組で紹介していたレシピは、砂糖を使わず、ゴボウもニンジンも皮むき器で引いてから千切りにしていました。

実は、きのう、きょうと、ゴボウを調理したのですが、皮むき器は切れ味が悪く、しゃきしゃき感がなくなってしまいました。

いつもは約5センチ長さに切ってから、マッチ棒くらいの太さに切りますが、この方法は切るのに手間がかかりますね。それできょうは、薄く斜め切りにしてから千切りにしてみました。これだと結構早く切れて、しゃきしゃき感もあり、皮むき器よりはいいみたいです。

味付けは、テレビ通り醤油を入れたあとに酒で、お砂糖は入れずに作ってみました。アルコール分の飛んだあとの酒に甘みがあるので砂糖不要という説明でしたから。それでも悪くはないのですが、私はやっぱり甘みのあるきんぴらが好みかな〜(^^♪。

アク抜きしないほうが、栄養的にも味の面でもGoodだという情報はお役にたちました〜。


゜・..☆彡 読んでくださってありがとうございます! 彡☆..・゜
ぴかぴか(新しい)よろしければ、▼クリックをお願いします〜♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系
この記事へのコメント
コメントを書く
※コメントくださる方へ:この欄はコメント後すぐに反映する設定になっていますが、時々サーバーに不調が起こるようです。その場合はお手数ですが時間をおいて再度書き込みをしていただけますとありがたいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/241667

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
まれに、拒否設定されているIPアドレスとたまたま同じために管理人に届かないことがあるかもしれません。その場合はコメント欄に書いていただくか、トップページに戻りメールフォームからお知らせください。