2007年01月21日

納豆ダイエットのデタラメ

natto.jpg <1/21 13:30 追記しています>
 最近、スーパーの棚がガラ空きになっているのを目撃し、生協の配達の方からも、来週は欠品するかもしれませんよ、と聞かされた、日本の伝統食品、ネバネバ納豆(笑)。 品不足の原因は1月7日放送「発掘!あるある大事典II」の「食べてやせる!!!食材Xの新事実」のせいだそうです。あの番組はかなりインチキが含まれていると、以前からネットでは評判?ですが、早くもきのうの夕方、番組の実験データが捏造だったことが⇒発表されました! 番組を制作した関西テレビの発表文によると"事実と異なる"(捏造でしょ?)内容は以下のとおり(括弧内は別記事による要約)。
  1. アメリカのダイエット研究の紹介におきまして、56人の男女を集めて、実験をしており、被験者がやせたことを示す3枚の比較写真が使われておりますが、この写真について被験者とは無関係の写真を使用いたしました。(被験者がやせたことを示すのに別人の写真を使用)
  2. テンプル大学アーサー・ショーツ教授の日本語訳コメントで、「日本の方々にとっても身近な食材で、DHEAを増やすことが可能です!」「体内のDHEAを増やす食材があるますよ。イソフラボンを含む食品です。なぜならイソフラボンは、DHEAの原料ですから!」という発言したことになっておりますが、内容も含めてこのような発言はございませんでした。(米の大学教授の発言の日本語訳の一部をねつ造)
  3. 番組で実験を行った8名の被験者について、放送では「中性脂肪値が高くてお悩みだった2人は、完全に正常値に!」とコメントし、数字をスーパーしておりますが、コレステロール値、中世脂肪値、血糖値についての測定は行っておりませんでした。 (被験者の一部の中性脂肪値が正常値になったとしたが、測定せず)
  4. あるあるミニ実験として、納豆を朝2パックまとめて食べた場合と、朝晩1パックずつに分けて食べた場合の比較実験ですが、血中イソフラボンの測定は行っておらず、比較結果は架空のものでした。 (納豆を朝2パックまとめて食べた場合と、朝晩1パックずつ食べた場合の比較で、被験者の血中イソフラボン濃度の結果をねつ造)
  5. 番組で実験を行った8名の被験者について「体内で作られたDHEAが20代をピークに減少、食べ過ぎや運動不足によってDHEAの量が低下している可能性があるのだとか!20代から60代の男女8人の血中DHEA量を測定。さて結果は?」として、22歳OL、25歳会社員、37歳会社員のDHEA量を測定し、年齢の基準値と検査結果をテロップ表示で比較をおこなっておりますが、血液は採集をしたものの、実際は検査を行っておらず、数字は架空のものでした。また、ここで使用している「DHEA分泌は加齢とともに低下する」ことを示したグラフは許可を得ずに引用いたしました。また、アメリカのダイエット研究の紹介部分について、あたかもテンプル大学のアーサー・ショーツ教授が行った研究と受け取られる構成になっておりました。この研究は、ワシントン大学のデニス教授の研究であります。
    (被験者の血中のDHEA(ホルモンの一種)量検査のデータをねつ造、また、許可を得ずグラフを引用)
すごいですね。まったくのデタラメです。番組タイトルに「実験」や「新事実」と付いているのがなんとも皮肉なこと。この種の番組は最近、「ダイエットにはあれがいいこれがいい」という話題ばかりなので、ほどほどにしか食べられない私は興味を失っていましたが、納豆が手に入らなくなるのは迷惑です。品不足もいつまで続くやらと思っていましたが、どうやら解消しそうですね。

これで、もしかしたら番組も消滅するかもしれませんが、そのほうが社会のためかもしれません。「ダイエットにいい」と言えば売れると思っている業界に踊らされるのはやめたほうがいいです。「食べるだけでやせる」はウソで「食べなければやせる」が本当でしょ(笑)?

この種の放送は事前に大手には流れるようで、1月14日のlivedoorニュースによると、『「あるある大事典II」納豆特集の放映の案内のご案内』という文書が12月21日に納豆メーカーから大手流通関係者に流れたそうです。また1月15日のニュースによると、放映前から納豆メーカーには注文が殺到していたそうで、あるスーパーの食品担当者は次のように語っています。
年末年始で、一般の人は金を使い果たすから、門松が取れるころになると、質素な商品が急に売れるんです。納豆とか、お茶漬けとか、即席ラーメンとか。『発掘!あるある大辞典U』のテレビ局は、健康情報とは表向きで、この時期に放送して欲しいと、納豆業者に乗せられたんじゃないですかね。納豆の売り上げが伸びる需要期ですから。タイミングが合いすぎですよ。
安売りしなくてもどんどん売れてくれるので、事前情報を得ていた大手だけが儲けたようです。なんだか株のインサイダー取引みたいですね。それにしても、捏造は今に始まったことではないのに、なぜここにきて暴露されたかも気になるところです。不二家が消費期限切れの牛乳を使っていたことが発覚した問題でも、それで大儲けした人たちもいるようですし、この世の中のだまし合い、化かし合いの実態は複雑怪奇なようで、お金儲けと縁のない私にはよく分かりません。

<ここから追記>
この件はlivedoorニュース関連のPJニュースの漏洩暴露が発端らしくlivedoorニュースが詳しいです。おもに以下の記事あり。
フジ系列 『発掘!あるある大辞典II』、放映前に内容が大手に漏洩(上)
フジ系列 『発掘!あるある大辞典II』、放映前に内容が大手に漏洩(下)
「発掘!あるある大事典U」納豆問題、主婦の声は!?
「あるある大辞典」納豆問題に、庶民は怒り心頭に発す状態!
続・フジ『発掘!あるある大事典II』の納豆特集でねつ造
【続・続】フジ『発掘!あるある大事典II』の納豆特集でねつ造
フジ系列『あるある大事典II』の納豆問題、混乱の原因はどこに(上)
フジ系列『あるある大事典II』の納豆問題、混乱の原因はどこに(下)
発覚!「あるある大事典」嘘だらけ…データねつ造納豆ダイエット
「納豆でヤセる」は大ウソだった!
記者会見でも、ウソの上塗りか!『発掘!あるある大事典II』(上)

アメリカ取材に出向いたが、思った成果を得られなかったため、結果的に「追いつめられこういうことを引き起こした」、「納豆にダイエット効果があるという学説があるのは事実で、実験で体重が減ったという事実に違いはない」とあくまでも否定、だそうです。問題発覚のきっかけは「週刊朝日」の取材で、12日に同誌から「番組内容について事実と異なる点があるのでは」との指摘があり、その時点で事実を把握できていなかった同局は調査を開始したとのこと。

また2004年に「にがり」ダイエットを特集した際、実際にやってみた視聴者が下痢などの症状を訴え、厚生労働省から警告が出されたり、運輸関係者からは「『あるある』でグレープフルーツが健康にいいという放送があるということで、何カ月も前から大量のグレープフルーツを輸入していました」という証言が寄せられたそうですよ。

このPJニュース⇒フジ系列『あるある』の「納豆問題」に一件落着?は、「公正・中立のメディアは、世の中に存在しない」とメディアに対するバランスの取れた見方を教えていますね。

やはり納豆メーカーの株価は上昇してましたね⇒こちらの記事
<追記ここまで>

いずれにしても、私たち消費者は賢くならなければいけないですね。幸いネット検索すると、肯定、否定、両方の情報が流れていますから、両者を比較検討するといいですよね。

最後に、「あるある大事典」に関して以前から警告しているサイトを挙げておきます。
ポチは見た。〜マスコミの嘘と裏〜 あるある大事典のニセ実験と洗脳!
教養ドキュメントファンクラブ 発掘あるある大事典
発掘?あるあるトンデモ大実験(ネーミングがすばらしい!) 食材Xの新事実

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら→クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | エトセトラ
この記事へのコメント
コメントを書く
※コメントくださる方へ:この欄はコメント後すぐに反映する設定になっていますが、時々サーバーに不調が起こるようです。その場合はお手数ですが時間をおいて再度書き込みをしていただけますとありがたいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3136508

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
まれに、拒否設定されているIPアドレスとたまたま同じために管理人に届かないことがあるかもしれません。その場合はコメント欄に書いていただくか、トップページに戻りメールフォームからお知らせください。

あるある大辞典、納豆効果ねつ造
Excerpt: 視聴者は完全にだまされました。
Weblog: プリンに抹茶と生クリーム
Tracked: 2007-01-21 23:41