2006年02月12日

『単騎、千里を走る。』

tanki.jpg

高倉健主演の映画『単騎、千里を走る。』が公開されているようで、評判はまずまずでしょうか?

私は昨年11月にNHKで放送されたドキュメンタリー「高倉健が出会った中国」という番組で、映画撮影の様子を見て、映画が公開されたら見たいなと思ってきました。そのときのことは05-11-22→こちらに書いているのでよかったらどうぞ。
ところで、きょう改めて『単騎、千里を走る』のオフィシャルサイトを見たのですが、健さんがなぜ中国で受け入れられているのかがようやく分かりました。

かつて共産主義国だった中国では、外国の文化にふれる機会がほとんどなかった。そんなところに文化大革命が起こり 1978年からようやく外国映画を観ることができるようになった。その記念すべき第一作目が高倉健主演の『君よ憤怒の河を渉れ』(知らないあせあせ(飛び散る汗))だったとのこと。

NHKスペシャルでは、山奥の小さな村の人たちまでが健さんをよ〜く知っていて、小さな雑貨屋さんには古いポスターが貼ってあり…(すでに記憶があいまい)、訪れたご当人のほうが、自分の知名度に驚いていました。

映画の撮影では、中国人側の役者にあえて素人を起用しているので、作り物っぽくない仕上がりになっているみたいですね。あるお父さん役の俳優さんが、離れて暮らす息子を想って、泣きながら民族舞踊を舞い踊る姿が印象に残っています。その素人の俳優さんは、実際の自分の立場と重ね合わせ、本気で号泣していたのだそうです。

中国と日本の間で起きた過去の悲しい出来事があったにもかかわらず、映画の撮影を通して互いが心をふれあい、うらみやわだかまりが徐々に解けて、許しや理解へと変化していったのでしょうね。

映画のテーマは
顔と顔を合わせてコミュニケーションをする
―― これが一番大事であり貴重なこと


携帯電話やメール、インターネットで、顔を合わさずともコミュニケートできるのは便利だけれど、いざ誰かとトラブルになったとき、本当にそれを自力で解決できる人はどれほどいるでしょう? 気が合わなければ接触しないで済んでしまうけれど、それって楽なように見えて、いつの間にか自分自身をむしばんでいくような気がする。

私自身振り返ってみると、結婚してしばらくしてから互いに嫌なところも見えてきて、一日じゅう口もきかずに泣いていたこともあったけれど、それでもとにかく逃げなかった。逃げずにコミュニケーションを図ろうと努力したから、また仲直りすることが出来た。仲直りって何度でも出来るような気がします、というか、したいです。

えっと映画に話を戻すと、日中の問題も「相手がそうなら自分もそうする」みたいな仕返しをする態度ではなく、相手を尊重し思いやりを示し続けるなら、どれほど大きな憎しみも氷解する可能性はあるっていうことなんじゃないでしょうか。個人対個人も同じでしょうね。

それにしても健さんは、無口という印象しかなかったんですが、なんだかとっても心の温かい方なんだなーと感じました。世の中には他人を利用することや犠牲にすることをなんとも思わない人もいるにはいるけれど、他人を尊重できる人も結構いるもので、そんな方を知るとうれしくなりますね。

「好き」はこちらから働きかけるべし!

って、この→Googleキャッシュに載ってます。心理学用語では「好意の互恵性」と呼ぶらしいですが、悪意を伝染させるよりも、たとえほんの少しでも好意を伝染させられるような人間になれたらいいな〜と思うきょうこのごろです。
★☆★<2/20追記>horuhoru.png←こちらのサイト2/2と2/20の記事に、映画の背後で通訳として働いた方に関するお話が載っていて興味深いです。

゜・..☆彡 読んでくださってありがとうございます! 彡☆..・゜
ぴかぴか(新しい)よろしければ▼クリックをお願いします♪(795)

banner2.gif

posted by 野バラ at 18:02 | Comment(4) | TrackBack(8) | 心に感じたこと
この記事へのコメント
高倉健の「単騎、千里を走る。」を観る!
トラックバックさせていただきます。
よろしくお願いします。
Posted by tonton3 at 2006年02月24日 01:50
前宣伝が盛んにやられていた高倉健主演、張芸謀監督の「単騎千里を走る」を見てきました。
2時間の映画では展開にやや無理があったかな?顔も出てこない中井貴一はむしろ出てこなくて良かった。高倉健など日本の役者はともかく、中国の出演者の好演が光った。翻訳のできない通訳チューリンは特に良い出来栄えだった。村長などはエキストラかな?「北京好日」以来のいい映画だった。
Posted by matuda at 2006年02月26日 22:44
■tonton3さん、matudaさん、コメントありがとうございます。こちらからもトラックバックさせていただきました。

matudaさんは、中国にお詳しいんですね。私はほとんど中国のことを知りませんが、さだまさしさんの作った「長江」という映画を観て→http://rose.eek.jp/Kotonoha/
中国の文化というのは偉大だなあと感じました。
Posted by 野バラ at 2006年02月27日 00:09
私もTBさせて下さい。
よろしくお願いします。
Posted by こり at 2006年02月27日 23:32
コメントを書く
※コメントくださる方へ:この欄はコメント後すぐに反映する設定になっていますが、時々サーバーに不調が起こるようです。その場合はお手数ですが時間をおいて再度書き込みをしていただけますとありがたいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/339939

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
まれに、拒否設定されているIPアドレスとたまたま同じために管理人に届かないことがあるかもしれません。その場合はコメント欄に書いていただくか、トップページに戻りメールフォームからお知らせください。

単騎、千里を走る。
Excerpt: ●『単騎、千里を走る。』2006年1月28日公開。待望のチャン・イーモウ監督作品。だけど、今回は日本人が主人公という異色な内容。しかも、日本の監督と共同監督??・・・これで..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2006-02-13 16:33

単騎、千里を走る。
Excerpt: オープニングから久々の高倉健の声。ドキッとしますね。味わいのある声で包容力を感じます。 しかし年齢を重ねた彼の背中は、かつてより少し小さくなったように見え、それがこの物語の父親としての悲しみみたいなも..
Weblog: 漢方薬剤師の日々&映画
Tracked: 2006-02-15 18:59

「単騎、千里を走る」荒野の夜空に響く笛の音を聞け
Excerpt: 「単騎、千里を走る。」★★★☆ 高倉健主演、チャン・イーモウ監督作品
Weblog: soramove
Tracked: 2006-02-15 19:03

単騎、千里を走る
Excerpt: 東北地方の漁村で漁をしながら一人生活する高田剛一(高倉健)には、長年の確執があり、
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-02-15 23:16

張芸謀監督、高倉健主演の「千里走単騎」について
Excerpt: 最近、中国では高倉健主演の「千里走単騎」と真田広之、チャン・ドンゴン主演の「無極」が話題になっており、メディアでもよく報道されています。新京報も見開き2ページで、真田広之の顔をアップを使って大々的に報..
Weblog: じゃんす的北京好日子
Tracked: 2006-02-23 19:35

高倉健の「単騎、千里を走る。」を観る!
Excerpt: 仕事も一段落付いたので、と言うほど大層なことではなく、ただ単に週末ということなので、渋谷に出て夜は映画でも観ようかと思い出かけました。いつもよく行く「渋東シネタワー」へ行ったところ、「Mr&Mrsスミ..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2006-02-24 01:48

2/11「単騎、千里を走る。」
Excerpt: 年に1度くらい邦画が見たくなるらしい。 今回は邦画ではないけど、主演は高倉健。そ
Weblog: コリちょこ
Tracked: 2006-02-27 23:31

よりよい社会を築くため、中国雲南省への国際協力に貢献しませんか
Excerpt: 当協会は雲南省への教育支援活動を通じて企業間、政府間の日中交流を推進しています■理事長からのご挨拶日本・雲南聯誼協会の理事長を務めさせていただいております私、初鹿野恵蘭(はじかのけいらん)は、中国雲南..
Weblog: NPO法人 日本・雲南聯誼協会
Tracked: 2006-12-19 14:39