2007年03月13日

最近のケータイ事情

iohone.jpg 我が家のケータイはSoftBankなんですが、Jフォン時代からの加入で、まもなく6年。とても安い料金プランをずっと利用してきて、2台の料金は合計で最低 3,754円(無料通話併せて1,500円分含む。1台はeMail利用なし)だったんですが、例の月額税込み980円のホワイトプランが現れて、ソフトバンクのままプランを変更をしようか、それとも電磁波が弱くて安全というウィルコムの PHS にしようか、迷っていました。

で、あちこちケータイ関連サイトを見て回ったんですが、最近のケータイはどんどん進化してますね〜! 一番驚いたのはiPodならぬiPhoneでした(写真クリックで発表場面へ)。これまでの携帯電話からは考えられない薄さなんですが、なんといってもびっくりしたのは、これまでのPDA(携帯情報端末:これって死語?)のようにスタイラスペンを使うのでなく、指で自由自在に操作できてしまうことです。その上、本体を横向きにすると自動的に画像が向きを変えてくれたりして…。公式サイトには、機能を示す→デモ画面があるのでよかったらご覧ください。YouTubeにあるこの→動画もとても分かりやすいです。

残念ながら、これは今のところ日本では使えませんが、日本のケータイもなかなか健闘してますよ。
  
Jornada_720.jpgGENIOe550G.jpg ケータイが普及する前のPDAは「Windows CE」「Handheld PC」「Pocket PC」などの OS があって、ヒューレット・パッカードの←「ジョルナダ 720」とか、東芝の「GENIO e 550G」などを使っていた私はこれらのPDAがとても懐かしいのですが、その OS も現在は電話機能と結びついて「Windows Mobile 6」(2月13日発表)となっているようです。

g900.jpg そして、まもなくソフトバンクモバイルから発売予定なのが、東芝製Windows Mobile 6端末「G900」(→ニュース)。キーボードと無線LANがいいですね。そしてたぶんこれまでのPDAのように、ソフトのインストールやパソコンとの同期などができるのでしょう。

とても魅力的ですが、普通のケータイにもいいのがあるんですよね。やはり東芝ですが、すでに販売されている au の W52T と、ほぼ同機能のソフトバンク 911T

911T.gif 2つ折りより、こうしたスライド式が最近は人気みたいです。これはほとんどの機能を盛り込んである贅沢な機種で、ワンセグ、3インチの大画面、GPSナビ、ミュージックプレーヤー、320万画素カメラ、1GBの大容量内蔵メモリー、17.9 mmの薄さ。私がいま使っているのは25mmくらいなので、それより 7 mmも薄いです。詳しくは→こちら。au の W52T のほうは、いくらか厚みがありますが、FMラジオを聴けるそうです。現在音のクリアなデジタルラジオが試験放送中なのだそうですよ。→こちらに記事あり

PDAを使っていたころは、ケータイ機能が付いていればいいのにな、外国ではあるのに、と思っていましたが、外国に遅れること約3年、ようやく実現してきましたね。911T は Windows Mobile 6 機ではないものの、Office のドキュメントだけは閲覧できるようです。

911T の発売日は3月17日(土)になったとのこと。夫婦そろってソフトバンクの 911T にしようとほぼ決定しました。さて、手に入るのはいつになることでしょう。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら→クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系
この記事へのコメント
コメントを書く
※コメントくださる方へ:この欄はコメント後すぐに反映する設定になっていますが、時々サーバーに不調が起こるようです。その場合はお手数ですが時間をおいて再度書き込みをしていただけますとありがたいです。
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3520966

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
まれに、拒否設定されているIPアドレスとたまたま同じために管理人に届かないことがあるかもしれません。その場合はコメント欄に書いていただくか、トップページに戻りメールフォームからお知らせください。