2007年03月13日

最近のケータイ事情

iohone.jpg 我が家のケータイはSoftBankなんですが、Jフォン時代からの加入で、まもなく6年。とても安い料金プランをずっと利用してきて、2台の料金は合計で最低 3,754円(無料通話併せて1,500円分含む。1台はeMail利用なし)だったんですが、例の月額税込み980円のホワイトプランが現れて、ソフトバンクのままプランを変更をしようか、それとも電磁波が弱くて安全というウィルコムの PHS にしようか、迷っていました。

で、あちこちケータイ関連サイトを見て回ったんですが、最近のケータイはどんどん進化してますね〜! 一番驚いたのはiPodならぬiPhoneでした(写真クリックで発表場面へ)。これまでの携帯電話からは考えられない薄さなんですが、なんといってもびっくりしたのは、これまでのPDA(携帯情報端末:これって死語?)のようにスタイラスペンを使うのでなく、指で自由自在に操作できてしまうことです。その上、本体を横向きにすると自動的に画像が向きを変えてくれたりして…。公式サイトには、機能を示す→デモ画面があるのでよかったらご覧ください。YouTubeにあるこの→動画もとても分かりやすいです。

残念ながら、これは今のところ日本では使えませんが、日本のケータイもなかなか健闘してますよ。
 つづきを読む>>
posted by 野バラ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2006年10月25日

炎のキツネ:Mojira Firefox

firefox.gif 数カ月前から、Mojira Firefox をメインのブラウザとして使っています。これまで私はMojira、Netscape、Opera、Sleipnirなどを使ってみたり、確認用に利用したりしてきましたが、どうもプラグイン(Plug-in)その他の関係で今ひとつのことが多く、結局 Internet Explorerになっていました。ですが、Firefoxにしたら結構いいです。大幅にデザインや仕様が変わりました。

mojira.gif←この Mojiraは女性好みとは言い難いですし、ブラウザ全体の色遣いも暗かったんですよね。それが、炎となって燃えるキツネが地球を覆っているマスコットもいいですし、使い勝手もよくなっています。Internet Explorerのお気に入りが簡単に引き継げるので興味のある方は試してみてはどうでしょうか。現在は、Firefox2の候補版(プレビューリリース)がダウンロード可能で、まもなく正式版が出ることでしょう。
≪追記10/26≫↑などと書いたら、なんと数時間後に正式版が発表されていたようです。さらに機能が追加され便利になっているらしい。早速バージョンアップしてみましょう♪
 つづき⇒
posted by 野バラ at 10:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 情報系

2006年09月16日

天ぷら油で走る自動車

cone.jpg ここのところ、バイオ燃料という言葉をよく聞くようになりましたね。原油の高騰で、トウモロコシなどの植物から燃料を作り出す技術が特にブラジルなどで開発されるようになり、結果こんどは食用のトウモロコシが奪い合いの様相を呈しているという話も聞くようになっていました。

ところが、最近は食用にならないトウモロコシの茎や葉、稲ワラからバイオエタノールを作り出せるようになったのだそうです。エタノールですから、エチルアルコール、つまり消毒用にもなり、ランプの燃料にもなるアルコールですよね。

なんともうれしいニュースです。ほとんど無駄に燃やすか、肥料くらいにしかならない物から燃料が作れるんですから。ine.jpg

今から30年以上前、オイルショックがありましたが、あのころ化石燃料は近いうち枯渇すると言われ、一体私たちの生活はどうなってしまうのだろうとずいぶん不安に駆られたものです。予想されていたよりも石油は長持ちしていますが、それでもいつかは無くなるのですから、石油のように非常に長い時間を要するものでなく、短期間で成長する植物が利用できるのは人類にとって大きな朗報ですよね。

アルコールと言えば、デンプンや糖分を発酵させて作るものだと思いますが、バイオエタノールの場合はそうではなく、植物繊維のセルロースに特殊な微生物を作用させて作るのだそうです。9月14日のNHKニュースでは次のような情報が流れました。
つづき⇒
posted by 野バラ at 06:30 | Comment(2) | TrackBack(1) | 情報系

2006年06月23日

生きることの1/3を笑いに…

朝日新聞5月23日に「オーサー・ビジット2006(Webサイト)」という記事があり、井上ひさしさんが米沢市の少年院を訪れたことが載っていました。見出しは「人生の99%は悲しいけど、1%の楽しいことを目ざそう / 井上ひさしさん 大好きな笑い語る」というものでした。

このタイトルを見て思い浮かべたのは、さだまさしさんのアルバム『夢のつづき』に入っている『生きることの1/3』という歌でした。こんな歌詞です(全歌詞は→こちら

生きるということの
1/3は哀しみで出来ている
生きるということの
1/3は悔しさで出来ている
残りの1/3はね  笑うことで出来てるはずさ

きっときっと生きることは
そんな風なものなんだ
泣きすぎても  悔しすぎても
笑いすぎても  きっといけないのだろう

確かに生きることには、哀しみがついて回るものですけれど、それにしても99%は多過ぎませんか?って井上さんにツッコミを入れたくなったのでした(^^)。でも、新聞の井上さんは満面の笑みを浮かべていましたけれど…。笑いは1%より1/3くらいは欲しいですね。たぶん欲しいと思えば実現するのかもしれないですが。

個人の人生も、そんなにいいことばかりはありませんし、世の中全体にも腹立たしいことや何とかしてほしいことも、それは皆さんいろいろお有りですよね。が、直球で怒りをぶつけてばかりいても疲れるものですし、たまには苦しいことを笑い飛ばせたらいいと思いませんか。

ネットのリンクを辿っているうち、有田芳生(よしふ)さんのサイトに行き着いたのですが、このページでマッド・アマノさんの『週刊 パロディ・タイムズ』を紹介していました。

このサイトは半年くらい前に登録済みで読んだことはあったんですが、改めて最新のパロディを見たら思わず笑ってしまう記事ばかりでした(登録はごく簡単で、広告メールも来ませんから是非どうぞ)。合成写真を見るだけでも笑えます。2006.4.19の「アイフルの本音」では、お馴染みチワワの顔が……、傑作でした。

こういうパロディは笑いを狙っているのが誰の目にも明らかですが、作り物ではなく、本人は大真面目だからこそ哀しい笑いを誘っているのが、こちらの→TBSラジオストリーム(5/16)に出てくる映画評論家・町山智浩(ともひろ)さんのお話です。英語の分かるかたはこちらのビデオを先にご覧になるといいかもしれません。あり得ないような現実のコメディが見られます。私のように英語が苦手な人は同時進行がいいかもしれませんが…。

しかし、それにしても恐れ知らずのコメディアンですね。よくガードマンにつまみ出されなかったものです。褒め殺しを本気の褒め言葉と受け取らせたコメディアンの能力が優れていたのか、それとも真意をなかなか理解できなかった方々が素晴らしかったのか?

最後はちょっとシニカルな笑いではありましたが、悩みや苦しみを笑いで乗り切れるようになれたらいいなと私は思っています。もちろん、言うべき事を言わねばならない時もありますが…。

このネタを紹介してくださった らんきーブログさんありがとうございました。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 14:45 | Comment(2) | TrackBack(1) | 情報系

2006年06月19日

GyaO[ギャオ]とYahoo!動画

gyao_banner_b.gif USEN(ユーセン)の運営するパソコンテレビGyaO[ギャオ]は、試聴登録者が1,000万人を突破したそうです。日本人の10分の1ですから相当な人数ですね。私も昨年10月に登録したのですが、実はほとんど観てません。きのうの新聞記事によると、二重に登録している人などもいて、よく試聴しているのは40%くらいだとのこと。

レンタルビデオで、戻ったり進んだり自由に見られるのに慣れた身には、GyaOの束縛感はつらいものがありました。でも最近、たまには見てみようとサイトに行ってみたのですがエラーメッセージがいろいろ出て見られなかったのです。

「Windows Media Player」、「Internet Explorer」、セキュリティーソフトなどの設定をあれこれ変えても駄目だったのが、「Windows Media Player」をダウンロードして上書きインストールしたらあっさり見えるようになりました。WMPは普段ほとんど使わないのにどうして駄目になったんでしょうね。「Norton Internet Security」のせいか、はっきり分かりませんが、ときどきPCがフリーズしていたせいかもしれないです。

yahoodouga.gifところで今回、Yahoo!動画のサイトを見に行ったら、有料もありますが、登録しなくても見られる無料の動画が大量にありました♪

CM中は操作できませんが、動画は戻るも進むも自由なのでとっても気楽です。CMも入れ替わってくれるので、耳にタコが出来るまで同じCMを見なくて済みます。また、カテゴリーごとや料金体系ごとに並べ替えして動画を選べるのも便利ですね。

チャップリンなどの「世界名作ライブラリー」とか、Yahoo!BB会員見放題のメニューには落語などもあります。落語って結構上質(?)の笑いで、いいかもしれないと思い始めていますが、実際はどうなんでしょう。

それにしても、インターネットテレビは著作権問題が早く解決したようで、便利になりました。わざわざレンタルショップに行ってまで借りたいとは思わないけれど、ちょっと見てみたいなと思うものもありますよね。それから、地域によってテレビ放送も違うようですし、通常のテレビ番組もネットで再放送がどんどん見られるようになったらいいなと思います。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2006年06月08日

裏ワザ:サンダルの汚れ落とし

ミニースマイル ディズニー6月6日火曜日の『伊東家の食卓』には、見てよかった!と思う裏ワザが出てきました。ご覧にならなかった方のために紹介しますね。

まずは、健康サンダルの汚れを簡単に取る裏ワザ対決!! たいていのお宅ではベランダなどに健康サンダルを置いてるかもしれませんが、あのイボイボのせいで汚れを落とすのは大変ですよね。古歯ブラシなどを使ってもなかなかきれいになりません。それからヘアブラシやクシ、くるくるドライヤーのブラシなども同様です。

これらには、木工用ボンドをざっと塗りつけてから、水をつけて2mmほどの厚さにのばし、天日で丸一日干すと、汚れと共にきれいにボンドをはがすことができるようです。それは見事に落ちていました。

もしかしたら、厚みにムラがあるときれいにはがしにくいかもしれないですが、でもこれは是非試してみたいですね。

この裏ワザに対するチャレンジ裏ワザは、小さじ一杯分のヘアトリートメントを約50ccのぬるま湯で溶いてまんべんなく掛け、3分後に汚れを振り落とすというものですが、布が使われているサンダルには適さないですね。汚れた水が染みこんでしまいますから。でも足踏みマットなど大きな物には便利かもしれません。

もう一つ、いいかもしれないのは一升瓶のふたを使った肩もみです。プラスチック製のふたの裏側に縦半分にカッターナイフで切り込みを入れ、その切り込みに輪ゴムを2本通して、手のひらに装着し、肩を軽く押すというもの。力を入れなくてもよく効くようです。肩をもんでもらう人にも、もむ人にも満足のいく方法のようですね。

ところで私はお酒を飲まない人です。そして夫はついつい飲み過ぎるので3月ごろから断酒中。ということで、一升瓶のふたが家のどこかに転がっているかどうかが問題です(笑)。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 09:20 | Comment(3) | TrackBack(1) | 情報系

2006年05月27日

マスコミにだまされないために

少し前に、お気に入りリンクに入れた「ポチは見た。」ですが、ようやく一通り目を通すことができました。私のように世間知らずの人には、ポチという駄犬、いえ、賢犬による分かりやすい話はとても勉強になりました。

マスコミ、あるいはマスメディアと言われる媒体、テレビ・新聞・雑誌が広告収入によって成り立っている以上、どうしても言えないこと、書けないことがあることは分かっているつもりではいましたが、これほどウソがまかり通っているとは思いませんでした。

出版関係で発行部数を水増ししたり、番組をおもしろくするためのヤラセなどはまだカワイイものなのかもしれませんが、お金の力で真実が隠され、その結果多くの一般人が犠牲になるということは許してはいけないことでしょう。

その16 さわやかサラ金(消費者金融)CMにだまされるな!
つい先日、営業停止になった業者がありましたが、この手のCMが溢れていますよね。以前はこうしたCMを自粛していたテレビ局も、不況には勝てなかったようで、サラ金のCMも流すようになったのですね。彼らはどう考えてもぼろ儲けをしていますからね。

私もWebサイトにアフィリエイトの広告を載せるようになってみて、消費者金融とか出会い系とかの広告が法外な収入になるということを知りました。サイト経由で契約やら登録やらをすると、サイト運営者の所には1件あたり数千円から数万円まで入るのです。つまりは、客を取り込めばそれくらいは楽々もうけることができるからですよね。一方で、広告をクリックするだけでお金になるようなものは極めてまれで、買い物した額の1%程度というのも多いのですが。

消費者金融のさわやかで、親切そうなイメージというのは、用心深くない人にとってはワナですよね。私自身はサラ金どころか一切のローンもありませんが、身内にいるのですよ、丼勘定の人が…。収入は平均以上なので気が大きくなってしまったのかもしれませんね。本人の自覚が必要ではあるんですが、甘いワナを仕掛けるCMもなんとかならないものかと思うんです。

「ポチは見た。」のサイトなどを見るなどして、ひとに騙されないよう賢くなりたいものですよね。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 08:50 | Comment(2) | TrackBack(1) | 情報系

2006年05月24日

常識のうそ:ダイオキシンと塩ビ

bag.gif 燃やすとダイオキシンが発生すると言われてきた塩化ビニール。私も20年以上前からそう聞いていましたから、安価で軽い、塩ビのバッグや靴などを購入することに罪悪感すら抱いていましたし、出来るだけ天然素材をと心掛けてもきました。

ですが、先日書いたようにダイオキシン自体の有害性が低いというのが、いまや専門家の常識のようですから、特に塩ビ製品を避ける理由はないことになります。結局のところ、塩ビでなくても物を燃やせば必ずダイオキシンは発生するということのようです。

参考ページ:
(1)ダイオキシンと塩化ビニル
(2)ダイオキシンは猛毒なのか
(3)ポリ塩化ビニル(塩ビ)から濡れ衣を脱がせてあげたい
 ▲この(3)には塩ビの存在意義について次のように書かれていました。
現代社会は、「アルカリ」を使う。アルカリは化学薬品の一種であるが、工業的には無くてはならぬものである。たとえば用途としては、環境に良いと言われる「石けん」はアルカリがなければできない。そして、人類がアルカリを得る手段は、海の塩や岩塩から電気分解してアルカリを得る方法しかない。しかし塩はアルカリ(ナトリウム)と塩素で出来ているので、アルカリをとれば塩素が製造される。この塩素を処理するにはアルカリが必要だから、アルカリを使って中和すると、何も製造していない状態に戻る。だから、塩素も有効に使用する必要があるが、塩素の用途としては塩ビは特に優れた材料である。
塩ビは「必ず発生する塩素を吸収してくれ」「人類に貢献し」「火災を防ぎ」「毒性も低い」という尊敬すべき材料なのである。
化学知識が乏しいのでよく分かりませんが、アルカリと言ったら、昔から使われていたのは物を燃やした後に残る灰ですよね。あとは海水を煮詰めた後に残るにがりとか。でも、現代は塩の電気分解によって大部分のアルカリを作り出しているということでしょうか。

塩の電気分解によって発生する塩素をどのように塩ビに吸収させるかは知りませんが、塩素は水道水の消毒に使われているように、それ自体有毒ですし、オゾン層の破壊に荷担するとも言われていますから(これも本当なのか知りませんが)、それを安定した状態にとどめるために塩ビが役立っているということでしょうか。

ダイオキシン発生量は塩素(塩ビ・食塩等)の量と相関性がないということは、日本を含む世界各国で認められていて、1990年代半ば以降塩ビに対するぬれぎぬは晴らされているんですね。上記参考ページの(1)には、次の引用がありました。
イギリス:1997年10月、英国政府の産業大臣は、「独立した証拠が、塩ビを使うことは安全で、生産中に発生する排気と廃棄物の処理は、環境庁により統制されていることを証明している。このことから、みなさんが安心していただくことを望みます。塩ビに関する争いは終結しました。」と明確な塩ビに対する支持を表明。
スウェーデン:スウェーデンの環境保護局は、「手にはいる科学的な情報に基づき判断した結果、塩ビは環境的に問題ないとの結論に達した。」と発表。
オランダ:Public Health 担当の大臣は、「容器・包装材料として、塩ビは他の素材(ボール紙、セラミック、金属、紙、塩ビ以外のプラスチック)より、環境的な観点から魅力的で且つ健全な製品。」と表明。

いまだに、日本ではダイオキシンや塩ビが環境に極めて大きな悪影響を及ぼすと信じられているのは、なんということでしょうね。

元々、さほど害のないダイオキシンが悪者にされたのはなぜかということについて、何日か前に見た(いまは見つからず)ブログの中で、焼却場の改築資金を出させるためなんじゃないかと書かれていました。なんともはやですね。

(お知らせ:5月20日の記事に追記しました)

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2006年05月20日

"事実"のくつがえる多さよ!

フリージア060428ダイオキシンの危険性」なんて前回書きましたが、調べてみると何とこれもいいかげんなデータに基づいたものだったとは! 所沢の焼却場のダイオキシンがどうとかというテレビ朝日の報道が大きな問題になったのはついこの間のことなのに。

お気に入りリンクに入れさせていただいた「ぶいっちゃんのリンク集」、おもしろくて参考になるサイトがたくさん集められていてありがとさん(^ ^)!ですが、紹介されていたサイト「思えばバカな企画だった」のダイオキシン編(仮)は目からうろこでした。

ダイオキシンはサリンの2倍の毒性などと言われたり、ベトナム戦争時、枯れ葉剤に含まれていて、その結果奇形児(ベトちゃんドクちゃんとか)が多数産まれたと言われ、恐ろしいガスという認識でした。私は20年以上も前から塩ビ製品を買うのを控え、例えば、ラップも丈夫で熱に強い塩化ビニリデン製はやめてポリエチレン製にしたり、そのうち使い捨てでないプララップにしましたし、食塩をゴミに入れるより排水に流したほうがいいだろうかと気を遣ってきたのですよ。ず〜っと。

このサイトの説明によると、ダイオキシン類は200種以上あるが毒性はまちまちとのこと。しかも人は食物から取り込む量はごくごくわずからしいです。

ところで次の部分は誤記でしょうか?
例えば厚生労働省の平成13年度調査では、1日に体重50kgの人で1kg当たり1.68pg-TEQのダイオキシンを摂取する、ということである。
「1日に体重1kgあたり1.68pg(ピコグラム)-TEQのダイオキシンを摂取する」ですよね?(あと、買い物袋は塩ビじゃないので燃やしても塩素は出ないですよね?と、つっこんでおきます(汗)。

追記(06/05/25):〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
環境省の2002年度の全国調査によると、
日本人の食事経由ダイオキシン類摂取量は
   0.93〜1.8pg-TEQ/kg体重/日
その平均値は
   1.3pg-TEQ/kg体重/日(1日体重1kgあたり)
だそうです。
TEQとは毒性等価係数で、ダイオキシン類といっても毒性はまちまちなため、最も毒性の強いものを1とした場合の数値のようです。

それで最も毒性の強いダイオキシンに換算して、日本人は1日、体重1kgあたり1.3pg(ピコグラム:一兆分の1g)を食事から取り込んでいるということですね。

ハムスターの半数が死ぬダイオキシン量が0.6μg(マイクログラム:百万分の1g)。それだけの量を平均的日本人が取り込むには、(0.6μg÷1.3pg)日かかるわけで、600,000÷1.3=461,538日≒1,260年 となりますね。

そんなに長生きする人もいませんし、ダイオキシンに過敏に反応する必要など全然なさそうですね。もちろん死ななければいいという訳ではないですが。
〜〜〜〜〜〜〜(追記おわり)〜〜〜〜〜〜〜〜〜


市民のための環境学ガイド書庫」←こちらの1999年、2000年分にもダイオキシン関連の記事がたくさんありますが、毒性については結構懐疑的です。

ダイオキシン騒動の後、小型焼却炉が使用禁止になったので、うちの近くの工場も煙を出さなくなり、我が家にとっては良かったのですが、ダイオキシンは害が少ないと知っても、ビニール類を燃やしたときの悪臭からは、どうしても健康に悪いイメージをぬぐいきれないのですが。

似たような問題に「カネミ油症事件」がありますが、Wikipediaには2002年に厚生労働大臣が、「カネミ油症の原因物質はPCBよりもダイオキシン類の一種であるPCDF(ポリ塩化ジベンゾフラン)の可能性が強い」と認めたため、再び注目を集めている」と書いてありますね。

こうしたセンセーショナルなニュースというのは、ひた隠しにされるケースと逆に注目を浴びたいせいか、考えられないほど大量の物質を動物に投与して、発ガン性があると発表したりしますよね。その昔、20年以上前のような気がしますが、新聞でナスの紫の色素に害ありと発表されたのを思い出しますが、今そんな事を聞くことはなく、むしろ野菜の色素はポリフェノールとして持ち上げられています。ちょっとはずれますが、韓国のES細胞のニュースにも世界中がまんまと騙されてしまいましたね。

私たちはこうしたニュースを自分で確かめるわけにはいきませんし、これからもいいかげんなデータに基づくニュースに振り回され続けるんでしょうかね〜。学者の方々には、誘惑に屈することのない誠実さを示してほしいものです。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif

posted by 野バラ at 06:30 | Comment(5) | TrackBack(1) | 情報系

2006年05月17日

アガリクスはガンに効く?

うちの前の川にこの間まで咲いてた菜の花4/29 今年3月10に、アガリクスの製品中、ガンを治すどころか促進する可能性のあるものがあるということを書きましたが、関連記事を見つけました。→「アガリクスとは何だagaricus2.gif

記事によると、アガリクスがガンに有効というのは、はなはだ怪しくプラシーボ(プラセボ)効果程度らしいとのこと。しかもアガリクスを、ガンに効くと言って販売したり、本に書いたりすること自体が薬事法違反なのだそうです。藁をもすがる患者の弱みにつけ込んで、ごく普通のキノコを1カ月分10万円で販売している業者もあるとのこと。

さらにアガリクスと直接関係ありませんが、静岡のお茶とガンの関係も否定されているとありました。これも、えぇ〜!?と驚きでした。お茶のカテキンがガンに効くって、お墨付きの事実と思っていましたが違うんでしょうか? これも要調査。

○○は健康にいいという話がしばらくして覆されることって、結構ありますよね。リノール酸がコレステロールを減らすと言ってたかと思ったら、摂りすぎはかえって逆効果であるとか…。○○は、いい!という話は大々的に宣伝されるのに、それを否定する証拠が出てくるとコソッと発表されるだけ…。私たちは自分の健康を守るために最新情報に目ざとくなければいけませんね。

ダイオキシンや石綿の問題にしても、リスクはずいぶん前から知られていたのに、一般人が知るのはずっと後になって被害が広がってからなんですものね。社会のことに疎い私でさえ石綿が良くないとは数十年前に聞いて、使用禁止になっているとばかり思い込んでいたら、相変わらず使われ続けていたとは…。しかも身近な至る所にあるではないですか。世の中は無知な人が苦しむようになっているものなのですね。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2006年05月12日

濡(ぬ)れない水&光透過ブロック

つるバラとバーベナ(ピンクパフェ)
 unbeliev.gif 昨夜5月11日の「奇跡体験!アンビリーバボー」で「あるはずのないモノ」として、濡(ぬ)れない水というのをやっていました。

火災時にスプリンクラーが作動して水がかかると壊れてしまうパソコンなどの電子機器。それを防ぐ特殊な水があるという話。

水槽に入った透明の液体に、携帯電話や財布をザブンと入れるとブクブクと泡を出しながら水没。取り出してみるとまだ水が入っているにもかかわらず、携帯電話は使えます。ぬれたお札も取り出してしばらくすると、す〜っと乾いて元通り。灯油くらいの乾き方でした。

特別に揮発性を高めた水で、絶縁性もあるため電子機器も壊れないという説明でした。でも、どうやって水の揮発性を高めるの?という疑問が残ったまま、詳しい説明なしに番組は次の話に…。

ネット検索をしてみると、ありました!→3M ノベック1230消火薬剤ですね。3Mの説明は次の通り(サイトに変更があり、現在と違うかもしれません2007年1月付記)。

フルオロケトン系の消火薬剤
 化学構造 : CF3CF2C(O)CF(CF3)2
 沸点@1atm:49.2℃
  • オゾン破壊係数(ODP)ゼロ。地球温暖化係数(GWP)は1。大気寿命は5日

  • 実使用濃度とNOAEL(無有害性影響量)の差が大きく、安全性の高い消火薬剤

  • 窒息、冷却および化学反応等の複合効果により、すぐれた消火性能を発揮

な〜んだ、水じゃなくて、フロンのような物? 大気寿命が5日ということですが、まったくの素人考えながら寿命がそんなに短かったら消火剤としての効果を保てないような気がしないでもないですが…。本当に環境への悪影響がなければ、便利な物だと思いますが。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もう一つのあるはずのないモノは、光を通すコンクリート

コンクリートブロックに光ファイバーを埋め込むことで光を通すというもの。その上、そのファイバーによってコンクリートの強度も増すそうです。これは当然どちらの方向からも光を通すので、住居に使うと夜は室内の光が外に漏れ、影が映ってしまいます。場所によって使い分けなどすれば便利ですよね。

調べてみると、(株)住田光学ガラス のリトラコン(LiTraCon)という製品ですね。こちらに動画があります。それにしても、人間は次々といろいろな発明をするものですね。(現在住田光学ガラスさんのサイトでは、この製品は見あたらず、撤退したのかもしれません。参考サイト、ハンガリーのリトラコン社サイト2007年1月付記)

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪

banner2.gif
posted by 野バラ at 18:30 | Comment(2) | TrackBack(3) | 情報系

2006年03月27日

ブログ・デザイン変更ツール

きょうは日がな一日、ブログのデザイン、つまりスタイルシートをいじっていました。私が使っているのは「さくらのブログ」。これは☆さくらインターネットのレンタルサーバー利用者限定のサービスです。サーバーは月額125円だけで(私は今のところもう少し高いサービスを利用中)ホームページとメールアドレスを好きなだけ無制限に作れちゃうというかなりお得なサービスです(あんまり詳しくないですが→こちらで説明)。

私は元々、ホームページを特別なソフトを使わずテキストエディタだけで作り始めた人なんですが、昨今のブログ流行りに遅れまいと、先月から始めてみました。最初「MovableType」というブログを自分のサイトにインストールしてみたのですが、デザイン変更で躓いたままで、その後すぐにこのブログが使えるようになったので、乗り換えてしまいました。

kokolog.gif
まだ余り使い方に慣れていなのですが、まあ、このブログもほどほど使いやすいかなと思っています。テンプレートがイマイチなので、ほかのブログはどうかと、ココログに行ってみたりしたのですが、無料利用だと広告が一番目立つ場所にど〜んと置かれて、ものすごく鬱陶しくて、とても使う気になれませんでした。→こんな感じです。

ほかもいくらか見て、まあこのブログもそれほど悪くないかもと思い直したというわけです。このブログはSeesaa Blog(シーサーブログ)とほぼ同じもので、そちらは誰でも、いくつでも作成できるようです。このブログの評価サイトは→こちら。携帯電話からもアクセスできるのは便利ですね。

で、デザインを自分好みに変更するのは、結構時間がかかって大変なんですが、きょうはこのブログのデザイン変更を助けてくれるオンライン・スタイルシート・エディタ(サイト名:たぬきのしっぽ)を見つけて、それで変更してみました。まあ、それでもかなり時間はかかりましたが、慣れれば早くできると思います。同じブログを利用されているかたは、よろしければどうぞ。

■□■ 追 記 ■□■

勘違いしてました! スタイルシート・エディタはどのブログでも活用できるみたいです。しかもブログ以外の通常のWebページもOK! スタイルシートの確認って、ホントに時間がかかって大変なんですよね。こんな便利なツールを作ってくださった方、ありがとうございます!!

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪(265)

banner2.gif

posted by 野バラ at 18:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2006年03月16日

公取委とサプリメント

【値下げ断行!】吸収力を高めた顆粒タイプ日清ファルマQ10パウダー30スティック きのう書いた、表示に問題のあるサプリメントですが、記憶に基づいて書いていたので改めてネット検索をしてみました。

そうしたら、コエンザイムQ10を30年前から製造している日清ファルマ(元、日清製粉)のページにこんな表示がありました。
コエンザイムQ10製品の新聞、テレビ報道について
最近、新聞やテレビで、コエンザイムQ10の含有量が低い、またはコエンザイムQ10がほとんど含まれていない製品が市場に出回っているとのニュースが報じられました。

弊社で生産しているコエンザイムQ10原料は、自社工場にて、厳しい製造管理及び品質管理のもとで製造しております。また異物混入防止の管理も厳重に実施しておりますので、安心してご利用いただけます。

弊社の消費者製品につきましても、自社工場で製造したコエンザイムQ10原料のみを使用しており、安心して摂取していただけるものです。
この問題はよく知られていたようで、私の無知が明らかになってしまいますね(笑)。お恥ずかしいことに、新聞が読めてないもので……。

不当表示をしていた業者については公正取引委員会のページ内、株式会社ネイチャーラボに対する警告等について(PDF)で公表されていました。これによると、1月12日 株式会社ネイチャーラボの2つの製品「MVPコエンザイムQ10 9000mg」及び「MVPコエンザイムQ10包接体9000mg」が景品表示法違反につながるおそれのある表示で警告、そのほかに名前の明らかにされていない2社が表示の20%しか含まれていないとして注意を受けたというものでした。

私が最近見たテレビのニュースがこれと同じなのかどうかは分かりませんが、これらは氷山の一角なのでしょうね。そうなると私たち消費者は、何を頼りにすれば?と思ってしまいますが、自分の身体で試すか、メーカーや販売元の信用度で判断するか、でしょうか。

実はきょう、ネット通販で久しぶりに注文してみたのですが、取りあえず、世界で最初に開発したという、日清ファルマの製品(写真)を注文してみました。元々脂溶性のコエンザイムですが、私が注文したのは水溶性のパウダーです。それからもう一種、今までも飲んだことのある顆粒状のオレンジ味の製品も注文しました。これは価格的には日清ファルマの製品より安めなのでどうなのかなとも思いますが、おいしかったのでまた試してみようと思います。

ついでながら、公正取引委員会のホームページには、子供向けと中学生向けのページがあり、独占禁止法の意義が易しく説明してあって勉強になりました。効果がほとんどないにもかかわらず、劇的効果があるように書かれている不当表示って、本当にがっかりしますよね。それって独禁法違反なんですね。私は苦情を言うのが面倒だったりというのもありますが、泣き寝入りのことが多いです。でも、もっと権利を主張してもいいんじゃないかな、なんてこのサイトを見て思いました。


posted by 野バラ at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2006年03月14日

健康ブームの裏側で

coq10.jpg この写真は我が家で購入したサプリメントです。元々、栄養はできるだけ普通の食品からと考えていた私ですが、コエンザイムQ10 がブームになり出した 2004年の秋ごろ、割と硬派のニュース番組で扱ったり、健康バラエティー番組で扱われたりして、夢のような若返りサプリメントらしいと、ブームに乗ってみました(笑)。

テレビの科学的な?説明によると、コエンザイムQ10というのは、細胞中のミトコンドリアがエネルギーを生産するのに必要とする補酵素で、加齢とともに減少するという話でした。元々心臓病の治療薬だったものに若返り効果があることが発見されて、外出もままならなかった患者が劇的に元気になったとか、多くのオリンピック選手も服用しているなどと紹介されていました。

神様からの贈り物だ」、「こんな夢のような健康食品はない」というふれこみでしたから、それからの品薄状態は異常でした。「あるある○○○」という番組後、私はすぐにネットで注文して、比較的早めに手に入れましたが、近辺のドラッグストアなどでは、予約注文・2週間待ち、なんていう状態でした。

飲んでみると「確かにこれは効く!」と思い、いろいろなメーカーの物を取っ替え引っ替え飲んでいました。……が、なんだかそのうち、効果がないような気がしてきていました。それからしばらくして、夫が一人見ていたテレビ番組で「アルファリポ酸」がいいと言っていたらしく、私はなんだかよく分からないながら、せかされるままに3本セットを購入しました。写真中央がそれです。ご覧の通り、封も開いてません。うまく踊らされて散財した、おバカな夫婦でした。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

アルファリポ酸について私はいまだによく分かりませんが、コエンザイムについては、異常な品薄状態のときに、ふと疑念がよぎってはいました。もしかしたらブームに便乗してインチキ商品を扱う業者が出てくるのではないかと……。やはりありましたね!

4、5日前の夕方6時台のニュース番組でのこと。インチキ商品を作っている会社の様子が映し出されました。テレビは途中から見たので不確かなんですが、どこかの田舎のプレハブ小屋のような所へ入ると、通路にたくさんの大きなバケツが無造作に置かれています。その中には色々な種類の粉末がビニール袋に入れられており、袋の上部にはマジックで品名を表すらしい記号のようなものが書かれています。

それら何種類かの粉末にアルコールと水を入れて練り、その後、加熱乾燥し、型に入れて固めます。それが上の写真のように三角形の錠剤だったんですね。そこで作っていた製品の一つは、コエンザイムQ10、アルファリポ酸、L-カルニチンが配合されている物。ところが、調べてみると(テレビ局か?)、実際含まれていたのは1種類だけだったというのです。しかも製造方法に問題があり、アルコールを入れると変質する可能性があること、また、ある素材(補酵素のコエンザイムか?)は熱に弱いので、5、60度以上に加熱したら効果がなくなるのです。

顔をかくした業者にレポーターが質問してみると、製造方法についての知識はなく適当に混ぜて作っていたというのです。知らないことに対して、まったく悪びれる様子もありません。そして「保健所にも注意されていた」、「何をですか?」、「通路にじかに材料を置いておくと衛生上問題だし、整頓されていないと材料を入れ間違えることがある、って。入れ間違えたことはあるかもしれない」と平然と言ってました。

そこでは、他のサプリも作られていて、それも同じ工程でいいかげんに作っていたらしいのです。製造業者と販売業者は別で、販売業者のセールスマンに尋ねてみると、製造業者を信頼していたので……という返事です。

なんということでしょうね! そこで作っていたサプリの箱には製造業者が書かれていたそうですが、夫がドラッグストアで買ってきた写真右の製品は、例の三種類が入っているという物ですが、製造業者の名はなく販売していたドラッグストアの名前しか書いてありません。うん?これって、もしかして、テレビに出てきた物より信頼性が落ちるんじゃない??と、相成りました。道理で、効果が感じられないはずです。

サプリメントが悪いとは言いません。また、うちで購入した物がインチキ商品であるという証拠もありません。数日前に書いたアガリクスも販売中止になったのは、写真を載せたキリンという会社の製品だけのようですし、アガリクスそのものが悪いのか、製造工程で不純物が混入したせいなのか、確かなことは分かりませんが、いずれにしても悪徳業者がいるということは確かなので、情報を鵜呑みにしてはいけないという警告になりますよね。真贋を見分けるのは難しいですが、お互い気を付けましょうね。……えっ?私はそんなへまはしない、ですって? それは失礼いたしました!

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪(204)

banner2.gif
posted by 野バラ at 22:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 情報系

2006年03月12日

心はどこにあるのか〜脳科学者・川島隆太

追加します。新品【ユーパラ共同購入】NDS 脳を鍛える大人のDSトレーニング【0603共同購入】 昨夜(06-3-11)のNHK教育テレビETV特集(毎週土曜22:00〜23:30)は感動ものでした! 昨年11月26日の再放送で、テーマは
心はどこにあるのか 〜脳科学者・川島隆太の挑戦〜

川島隆太さんと言えば、上の写真にある任天堂のゲーム機専用ソフトをテレビCMで見掛けますよね。女優さんが脳年齢52歳という結果に大笑いをするという……。CMでの印象はちょっと軽いカンジでしたが、NHKの番組を見て「尊敬」に変わりました!

何が素晴らしかったかというと、「脳科学者としての研究成果を社会に還元できることがうれしい」という言葉でした。医師や科学者の言動には、時として、人体を単に物体としてしか捉えていないことが感じられ、違和感を覚えることがありますが、川島さんの場合はそうではなかったのです。

霊長類の研究を通して、人間独自の心は脳の前頭前野にあるのではないかという結論に達したようですが、その前頭前野は鍛えることが可能であり、そのためには読み・書き・計算が最も効果的であるということを実験によって確かめたそうです。さらに詳しく述べると「読み」は特に音読、計算は難しいものである必要はなく、ひと桁の計算でもOKのようです。

その研究成果はすでに臨床に応用され、2001年から各地の老人施設で学習療法が行われた結果、認知症が改善した例が多数あるとのこと。通常、認知症が発症すると悪化の一途をたどるようですが、施設スタッフの根気強い支えもあって、治療により改善した人が4割くらい(円グラフをぼ〜っと見ていたので数字は不確かです)、現状維持が2、3割、残りは悪化という結果でした。体の場合もそうですが、脳もいったん悪くすると以前の状態にまで回復することはまれなので、予防が大事だそうです。

それでも脳に関しては、脳科学者であってもまだまだ未知の分野で、治療の結果、予想もしなかったような劇的かつ奇跡的な改善例があって、川島さんも感無量といったお顔をしていました。このあたりは私も思わず目頭が熱くなりました。認知症になったら周囲の人はもう人間扱いしなくなってしまうこともある中、温かい目を向ける人たちがいるということが、なんだかとっても嬉しかったです。

今の日本の社会は「自分のことは自分で」という傾向が強くなってきて、弱肉強食の動物界みたいですが、人情つまり人としての情けを忘れてしまわないようにしたいなと私は思います。

話を戻しますが、川島さんは認知症への取り組みのほかに、子どもの脳と心についての研究も行われていて、上にリンクを張ったページの右の写真は、その様子を写したものです。小さな女の子が母親と話すときと見知らぬ大人と話すときで、脳の血流がどう変わるか実験してみると、母親との会話のほうが脳が活発に活動していました。それゆえ、子供の健全な成長のためには、家族がきちんと向き合って会話することが重要ではないかとおっしゃっていました。

また別の実験では、人が相対して会話したときと、電話を使った場合とで脳の働き方はどう違うかを比較していました。前者では左脳も右脳も活発に働くのに対して、電話では左脳しか働いていません。現代は、昔にはなかったコミュニケーション・ツールがいろいろありますが、それ自体悪いものではないにせよ、脳をバランスよく使うという面では偏りがあるのかもしれませんね。

「読み・書き・計算」が脳を活性化させるとのことですが、パソコンを使い出してから「書き」だけが極端に無くなっていること、これは考えなければならないことかもしれませんね。日記も家計簿もパソコン、手紙はメール、買い物メモすらケータイに入れてしまう、こんな日常でいつ書くという行為をすればいいのでしょう。そうだ!テレビを見ているとき内容をメモする、これはいいかもしれないですね。これを心掛けてみることにしましょう。それから音読にも努めてみることにしましょう。

川島さん出演の過去のNHK番組
現在放送中NHK知るを楽しむ
(月曜22:25〜22:50 再放送:1週後の朝5:05〜5:30)

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪(257)

banner2.gif


Amazonで川島隆太さんを検索する
Yahoo!ショッピングで川島隆太さんを検索する

posted by 野バラ at 06:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2006年03月11日

健康食品がガンを誘発?

agaricus.gif 昨夜3月10日(金)、NHK教育テレビで「視点・論点」を見ました。テーマは「健康食品と大豆イソフラボン」(東京農業大学客員教授…中村 靖彦)。

論点となっていたのは、女性ホルモンと構造の似た「大豆イソフラボン」の安全性についての指針を設けようと、農林水産省下の食品安全委員会で検討中というものでした。

…で、きょう取り上げるのはそれではなくて、話の中で、ガンに効くとして有名なアガリクスが、実はガンを引き起こしていたということが分かったことなどからして、健康食品などについての政府のお墨付きに踊らされないようにしましょう、という内容のことを述べていたことでした。

えっ!ガンに効かないの? それどころかガンを引き起こすだなんて……。購入経験はありませんが、効果があるものと信じ込んでいたので驚きました。それで調べてみるとこんな記事がありますね。
厚生労働省は13日、キノコの一種アガリクスを使った「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒(かりゅう)」という商品について、動物実験で発がんを促す作用が認められたと発表した。
それで、販売停止要請が出されたそうです。アガリクスそのものに問題があるのかどうかまでは私には分かりませんが、なんともはやですね。

実は、健康食品関係のいい加減さは、ほかにもニュースで聞いたので、また後ほど書きます。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪(219)

banner2.gif

posted by 野バラ at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2006年03月06日

野口英昭さん関連

ライブドアと関連のあった野口さんが、沖縄で亡くなった件ですが、3/1の国会審議・予算委員会第一分科会において、民主党の原口一博議員が質疑を行ったということをこちらのサイトから知り、再び審議を文書化いたしました。

今回は暴力団との関係についての質問が含まれていた点に興味を引かれました。よろしければこちら←からどうぞ。
< 07/01/28 追記>別ブログに「野口さん事件と超能力捜査」という記事を書いてますので、よろしければご覧ください。
posted by 野バラ at 13:29 | Comment(2) | TrackBack(14) | 情報系

2006年03月05日

カーペットに染みが付いたら

souji.jpg

「伊東家の食卓」で 2/21 放送していたNo.1裏ワザが、とっても役立ちそうなので、ここに紹介しておきますね。

掃除機でじゅうたんのシミをキレ〜に落とす裏ワザ!」です。

カーペット、ソファー、布団など、簡単に洗えない物に食べ物などをこぼしたり、ペットがお漏らししたりすると大変ですよね。雑巾で拭き取ったり洗剤をつけてこすってみたり……。お茶など、当座は目立たなくても時間がたってからシミが出てきたり……。普通は、どうしても汚れを中に押し込んでしまうのですが、この裏ワザは押し込むのでなく、吸い出してしまうところが素晴らしいですね。

詳しくはサイトをご覧いただけばいいのですが、サイトが消滅することもあるので、ここに概略を記しておきます。

必要な物は雑巾、水、掃除機。じゅうたんの上に何かをこぼしたら、まず水をザッとかけ、四つ折りの雑巾をその上に乗せ、掃除機で吸い取る。そうすると、汚れは雑巾に移っているという訳です。

掃除機の吸塵力はある程度強いほうがいいのでしょうね。それからタオルだと、掃除機に吸い込まれないように片手で押さえるのが結構たいへんです。きっと慣れればいいのかもしれませんが……。液体を吸ってくれる掃除機なら、そんな手間も省けるのですが、我が家には今のところないです。

それにしてもよく考えましたよね。逆転の発想と言うのでしょうか。すぐに水を掛けて汚れを水に移すところがミソですね。これからは、食事の際にコップ一杯の水を用意しておくよう心掛けることにしましょうか。

<追加情報>2005/12/27の「6分でおかゆの裏ワザ」に少し追記しました。

☆読んでくださってありがとうございます!☆
よかったら▼クリックしてね♪(119)

banner2.gif
posted by 野バラ at 06:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報系

2006年02月26日

空飛ぶ料理研究家:村上祥子

cake.jpg nikujaga.jpg

料理研究家と言ったら栗原はるみさんくらいしか思い浮かばなかった私ですが、2月19日(日)テレビ東京でたまたま「ソロモン流」という番組(愛知では3/5に再放送があるとのこと)を見て、なんて素晴らしい方だろうと感じ入ったのが村上祥子(さちこ)さんでした(ホームページはこちら)。

体の弱い母親のために子供時代から料理を作り始めた村上さんは、他の人のためにより一層おいしい料理を作りたいと、栄養大学へ行きます。そして60代になる現在も、科学的視点で実験を繰り返し熱心に研究を続けています。まさに「研究家」の名にふさわしい方でした。その繰り出す料理レシピの数々は、あっと驚くようなものばかり…。簡単で、おいしく、しかも短時間でできるものをいろいろ実演してくれました。

テレビで作った料理のレシピは、村上祥子のホームページ→テレビレシピ→ソロモン流と進むと見られます。この方の料理で際だっているのは、電子レンジを効率的に活用しているところです。特にパンの発酵は独自の配合によって短時間で済むのがミソ。パン焼き器つきのオーブンレンジを購入しながら活用してない主婦失格の私も、村上さんのレシピでそのうち作ってみようと思います。

それから素晴らしいと思ったのは、電子レンジで本格的なスポンジケーキを作ってしまうところ。よく伊東家の食卓でデザートが紹介されますが、大抵ベーキングパウダーや重曹を使っていますよね。これが入ると苦みがあって私は好きじゃないのです。そのうえ添加物は体にいいとは言えませんし。ですが、だれでも失敗なく作るには仕方がないのかもしれません。ところが、村上さんにかかると、卵だけでスポンジ生地をふくらませてしまうのです。これもあとで挑せ〜ん!ですね(^^ゞ。

それから印象に残ったのは肉じゃが。加熱時間はたった7分で、鍋で作ったものよりも栄養価は高いそうです。煮物料理は鍋から目が離せず、しかも時間がかかるのが普通。でもこれなら材料を器に入れて電子レンジに入れるだけ。なので、料理をする時間のない方も、独身男性も、ご一緒に作ってみませんか!? あっ、でも、BSE・狂牛肉には気をつけましょうね。これから新じゃがが出回りますから、新じゃが独特の食感とおいしさも楽しみましょう!

最後に科学的視点ということで、村上さんがおっしゃっていたことをちょっと…。「電子レンジの電波は雷と同じで、とがった所が好きなの。だから面取りをするよりも、なるべく角を作るような切り方をしたほうがいいのよ」。へ〜〜え!でした。

ただ、説明で納得のいかなかったものがあるんです。私は無知なもので、マイクロ波の特徴はよく知らないのですが、「電波は、下が当たりにくいので、器の下に割り箸を置いて浮かせるといい」って本当でしょうか? マイクロ波は金属で反射するんですよね。だとすると庫内の壁とターンテーブルの間にはすでに隙間がありますし、箸の分の高さは電波の当たり方に影響があるんでしょうか?

それと、経験的に知っているのは、食品の上よりもむしろ底のほうが温まりやすいということなんですが、下に電波を当てるというよりは、「底ばかりが先に熱くならないように、浮かす」ということになりませんか? う〜ん、どうなんでしょう? ご存じの方、教えてくださいませ。≪追記:早速コメント欄で教えていただきました。ちゃんと聴いていなかった私の勘違いでした。失礼いたしました。≫

他の参考サイト:村上祥子のらくらくクッキング 「ソロモン流」撮影の様子

☆やっと更新できました! 皆さん読んでくださってありがとうございます!☆
ぴかぴか(新しい)よかったら▼クリックしてね♪(1260)

banner2.gif
posted by 野バラ at 05:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 情報系

2006年02月13日

国会答弁:ライブドア関連

 このブログでは少し軽めの話題を扱いたいと思っているので、簡単に記しますが、ライブドアの捜査に関連して亡くなった野口さんが自殺か他殺かという話題でちまたは持ちきりのようです。

 2/7(火)の国会でも扱われたようで、私も国会中継を見てみました。細川律夫議員の質疑ですが、生の発言には、新聞・テレビの簡単な要約にはない、真実が転がっているようです。

 …というわけで、テープ起こしのスキル?を使って、音声を文字にしました。読んでみてくださいね。→国会中継テキスト
「らんきーブログ」さんのコメント欄もご覧ください。→1 →2
 
゜・..☆彡 読んでくださってありがとうございます! 彡☆..・゜
ぴかぴか(新しい)よろしければ▼クリックをお願いします♪(753)

banner2.gif
posted by 野バラ at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(3) | 情報系